業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

住宅リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

バリアフリーリフォームのメリットはなんですか?

私の両親はもう高齢になってしまい足腰が弱くなっているのですが、現在の住まいで生活することが不便になっているという話を聞き、その状態をどうにかするためにリフォームをしたいとのことでした。
そこでバリアフリーリフォームを検討しているのですが、このタイプのリフォームをすることにはどのようなメリットがあるのか教えてください。

回答

安全性を高め介護の負担を減らせます


高齢者や車椅子で生活しているような人は、普通の住まいでは段差がいたるところに存在しているため、自分の力だけでスムーズに移動することが難しくなっているのですが、バリアフリーリフォームを受けることによって、住まいをスムーズに移動して快適な生活を送れるようになります。
これまで住まいの中で障害だと思っていたものがすべて取り除かれることによって、精神的なストレスがなくなり、イライラすることや不安になってしまうこともなく、気持ち良く生活できるようになるでしょう。
バリアフリーリフォームでは廊下の幅を広くすることが可能であり、ほかにも階段の段差をなくす、お風呂に滑り止めを設置するといった工事も可能であり、これらのバリアフリー機能によって子供から大人までが安心して暮らせるような住まいとなるのです。
また、バリアフリー化は介護をしている人の助けにもなるというメリットがありバリアフリーによってスムーズな移動が可能になれば、介護を行う側の心身の負担が取り除かれるため、高齢者だけではなく家族みんなにとってメリットがあります。
実際のバリアフリーリフォームにおいては、フローリングの張替えや段差解消などの工事から、温度差によるヒートショックを防ぐための床暖房リフォームなども対応しており、それぞれの希望に合わせていろいろな種類のリフォーム工事を提案してもらうことができるのです。
手すりを取り付ける、スロープを設置するなどの工事も可能であり、これによって自力で移動することが難しくなっている人を助けることができて、万が一の怪我を防ぐことができるため、家族にとっての心配事をなくせるでしょう。
このようなリフォームのタイミングとしてはできるだけ早い時期に取り組んだほうがよく、障害となりそうな部分については現在まともに使えたとしても将来使うことが難しくなるケースがあることも考慮して早めに工事に取りかかると良いでしょう。
そこで住んでいる家族と相談をしてどのような部分に不便さを感じるのかを聞き出して、それを解決するためのプランを業者と相談して決めていくのです。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク