業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

住宅リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

洗面台のリフォームにはどんな種類がありますか?

毎日利用している洗面台が古くなっており、汚れが取れない部分があったり、収納が少なかったりするため不満を抱えており、これが良い機会だと考えて洗面所のリフォームをしてみようかと考えています。
そこで知っておきたいことがあるのですが、洗面所のリフォームには一体どういった種類があるのか紹介してください。

回答

ユニットタイプとカウンタータイプの洗面台があります


洗面所のリフォームでは洗面台のタイプを考える必要があり、大きく分けるとユニットタイプとカウンタータイプのふたつが存在しており、どちらのタイプの洗面台を設置するのか決めておきましょう。
ユニットタイプの洗面台とは、洗面器が一体となったタイプのことであり、洗面ボウルから収納キャビネット、水栓金具まですべての機能がひとまとめにセットになっている洗面台のことです。
間口のサイズは決まっており、基本的に大きなサイズになるほど価格が高くなっていくのですが、手頃な価格で利用できるものが多いため、価格重視で洗面台のリフォームをしたいならば、ユニットタイプを選びましょう。
一方、カウンタータイプとはカウンター台や洗面ボウル、キャビネットなどについてそれぞれ自由な組み合わせを考えることができるタイプであり、それぞれの機能や色、素材などを選ぶことができ、自由度の高いリフォームが可能となるのです。
そのため、自分の好みや用途を追求して理想的な洗面台を用意することができるのですが、その代わりユニットタイプと比較すると費用が割高となってしまうため、その点は気をつけましょう。
予算に余裕があるのであれば、カウンタータイプを選んだほうが満足しやすいのですが、きちんと組み合わせを考えておかないと、工事を終えてから利用する際に思っていたのと違うと感じるケースがあります。
ユニットタイプの場合は、統一感があり、不満を感じにくくなっているため、洗面台にそれほどこだわりがないならば、ユニットタイプを選んでおけば無難な選択となるでしょう。
洗面所のリフォームをする際には、洗面台を取り替えるだけではなくて、床や壁の張替えを行うこともでき、さらにバリアフリー仕様にしたり水道管の工事も必要となったりするケースもあり、多くの内容を含む場合には工事費用は高くなりやすいでしょう。
そのため、洗面所のリフォームをしてもらうならば、事前にしっかりと見積りをもらってどのくらいの費用がかかるのか知っておくことは大切であり、費用面に注意しながら洗面台のタイプを選ぶようにしましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク