業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

住宅リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

リフォーム業界に詳しい方、将来性はどうなのでしょうか?

リフォーム業界に詳しい方に質問です。
私は現在30歳です。
高校卒業後、リフォーム業界に就職したので、今年で丸10年になります。
現在、転職を考えておりまして、どのような道に進めば良いのか迷っております。
というのも、以前一度転職を考えたことがあったのですが、リフォーム業界で転職となると、今よりも給与が低く、待遇面で悪くなるものばかり。
休みも少なかったので、転職するメリットは感じられませんでした。
しかし今後、リフォーム業界を含む住宅業界の景気というのは、私が考える悪くなるのではと考えています。
また、リフォーム業界自体が、家電メーカーが参入したり、ホームセンターでリフォームを受け付けたりと、競争力は激化しています。
全面改修のリフォームなども含めると、ハウスメーカーや不動産業者もライバルになるので、リフォーム専門の業者というのは、なかなか厳しいのでは?と感じています。
今後、リフォーム業界は、将来的にどうなっていくのでしょうか?

回答

リフォーム専門の業者ほど有利になるのでは?


確かに、どんどん色々な業者がリフォームに参入してきており、ライバルは多くなりますね。
ただ、リフォーム専門業者が不利になるかというと、別にそんなことはないと思います。
もちろん、うまくやれば、ですが。
よく言われることですが、これからの世の中、ポジショニングというのはとても重要な要素となります。
例えば、あなたが髪を切りに行く時、「老若男女誰でも歓迎」の美容室か「男性or女性専門の美容室」だったらどちらを選びますか?
後者ですよね。
リフォームも同じことで、リフォーム専門業者と、本業は家電だけどリフォームもやりますという業者だったら、本格的なリフォームを求めている人はどちらに依頼するかと問われれば、当然リフォーム専門業者でしょう。
専門的な分野に特化していることで、価格競争に巻き込まれる心配もないですし、安い方に転ぶお客さんを追いかけると、疲弊するので、正しくリフォームを考えるお客さんだけ相手にすれば良いのです。
もっと言えば、「二世帯住宅専門のリフォーム業者」みたいに、リフォームの中でもさらに特化できるポジションを取れればいいですね。どちらにせよ、今後は新築よりも、リフォームやリノベーションの方が需要が高くなると思うので、リリフォーム業界の将来は明るいと思いますよ。
だからこそ、各社が参入してきているわけですから。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク