業者選びに役に立つリフォーム業に関連した業者をご紹介します。

住宅リフォームコンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

アパートをリフォームする際のポイントは?

親が残してくれた土地にアパートを建てて、これまでは銀行からの借り入れ分の返済を差し引いても十分な利益が出ていました。しかし、周りに新しいアパートが建ったことと、建物の老朽化が進むにつれて、空室が出るスパンが長くなり、最近では長い期間空き部屋が埋まらないというよくない現象も起きるようになりました。
最初から時期が来たら手放すことも考えていましたが、まだ返済が残っていてそのタイミングではないので、フルリフォームとはいきませんが、アパートのプチリフォームを考えています。
そこで質問なのですが、本格的ではありませんが、入居率をアップする上手なリフォーム法や、アパートをリフォームする際のポイントを教えてください。


回答

内装と設備と外装をバランスよくリフォームしましょう。


新築してしばらくは簡単に入居者が見つかりますが、古くなるにつれ空室が目立ちはじめるのは多くのアパートオーナーが抱える悩みです。
ただし、古くなっても上手にリフォームすることで、住みたくなる空間づくりをすることは十分に可能であり、そんなにお金をかけなくてもできるリフォームはあります。
築年数が経ったアパートをリフォームするには、予算とのバランスをみならが内装、設備、外装、共用部分を上手に変化させていきましょう。
それほど費用をかけないで、劇的に見た目を変えられるのが内装です。
部屋の中は壁紙を交換するだけでかなり雰囲気を変えられますし、他にも床の貼替、ドアや窓枠や巾木などを交換するだけでも、古い部屋を新しく素敵に変身させることが可能です。
キッチン、洗面所、浴室、トイレなども、新しいものに交換すれば部屋全体を新しく見せることができ、アパートなどの賃貸物件では、それ専用の設備を導入しているケースがほとんどですが、安くても一般住宅で使用している設備を選ぶことで、他と差をつけてお洒落な空間をつくり出すことができます。
予算がある場合は、サイディングを張り替えるなどしてアパートの外観を変えることにより、新築感を出すことができます。
予算があまりない場合は、塗装を塗り替えるだけでも効果は絶大です。
外壁以外にも、屋根や階段や廊下などを塗装すれば、ピカピカ感が出て、外壁と内装をダブルでリフォームすれば、より高い効果を期待できます。
大掛かりなリフォームをしなくても、オートロックの導入や防犯カメラを設置するなど、防犯対策を強化することも、入居率アップにつながります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク