横浜で壁紙張替えならご相談ください。

壁紙張替え 横浜
2018年11月29日

クロスの張替えだけでまるで引っ越したかのような気持ちになれました

私は自他ともに認める「引越しマニア」でした。独身時代は、アパートの契約更新毎に引っ越しており、2年に1回別の家に住んでいました。
引越しが好きな人にはさまざまなタイプがありますが、私は住む場所とか広さよりは、とにかく室内のデザインを重視するタイプです。
そんな私が、2年前結婚し、結婚を気にマイホームを手にすることになりました。
当然、憧れのマイホームなので最初は毎日がウキウキ、ワクワク。
こんな感じだと使いやすいんだ!とか、あ、ここ使い勝手が悪いななんて感じることも、全てが新鮮で楽しい毎日でした。
しかし、やっぱり昔の性が埋めきだし、引っ越したい願望がここ数ヶ月で襲ってくるようになりました。
そんな衝動が抑えきれなくなり、主人に伝えたところ「そう言うと思ってたから、実は横浜で壁紙張替えをやってる業者に依頼しておいた」という返答が!なんという手回しの良さ!
結果としては、これが大正解。壁紙張替えだけで、部屋の雰囲気はガラリと変わって、またマイホームを手に入れた当初のような、新鮮な気持ちで毎日楽しく過ごすことができています。
壁紙張替えは、引越しに比べてもリーズナブルに実行することができるので、2年に1回の張替えは、結構おすすめかもしれません。

自宅のイメージを変えるためにおすすめしている壁紙張替えですが、実は家を長持ちさせるためにも、定期的にクロスは張り替えたほうが良いと考えています。
外壁を10年〜15年の単位で塗り替えるように、クロスも定期的に張り替えた方が、いつまでもきれいな家を保つことができるのです。
壁紙張替えの目安は、一般的に5年〜10年と言われており、基本的にはこの期間で1度は壁紙張替えを実施したほうがよいでしょう。
当然、自由な色やデザインの壁紙に張り替えることができるので、実は壁紙張替えをすることで、自宅の雰囲気をガラッと変えてしまうこともできます。
また、梅雨の時期などは、どうしても湿気のせいで壁と壁紙の間に湿気がこもってしまい、壁にも悪影響をもたらしてしまう可能性があります。特に横浜は、海が近いこともあり、夏場の湿度はかなり高いこともあるので、壁紙張替えももちろん大切なのですが、壁紙を剥がすというのは、壁に呼吸をさせてあげるという意味でもあります。
このような理由から、壁紙張替えは定期的に行うようにしましょう。


PageTop